ピッタリ賃貸物件サーチ|物件選びのプロになる

退去をする際

牧場を経営している

初期費用の敷金と礼金について

賃貸契約の初期費用としてかかるお金に礼金と敷金があります。これはとのようなことに使われるお金かというと、礼金はその言葉通りで大家さんに対する入居をさせて頂いた謝礼の意味で支払うお金です。もともとは住宅事情が今よりも悪かった時代に地方から上京してきた人に対して部屋をご好意で貸してくれた、大家さんに対して感謝の気持ちで渡していたお金です。ただ今の時代だとそのような意味を分かって礼金を払う人はいなく慣例的に払っています。敷金は、賃貸契約期間中に家賃の支払いが未払いだった時に預けておいた敷金から補てんされるお金です。また退去時の原状回復にもこのお金が使われます。最後に精算されて返還されるお金になります。

敷金がどうつかわれるか

賃貸契約でトラブルが多いこととして敷金があります。敷金は、未払い家賃の補てんや損害賠償、原状回復にかかるお金になります。賃貸契約期間中に何のトラブルもなければ、敷金からはあまり差し引かれるものがなく退去後1ヶ月程度で返還されるお金です。トラブルが多いのが原状回復にどのくらい使われるかです。壁紙汚れなどは入居者が故意に行ったものではなく、自然劣化ですのでこれは家主側の原状回復負担となります。しかし、その基準もあいまいであることから入居者の負担になってしまうこともあります。このようなトラブルを避けるためには、入居開始時に部屋の写真を撮影しておくなどしておくことで、自然劣化なのか入居者の故意であるのかを証明できます。