ピッタリ賃貸物件サーチ|物件選びのプロになる

注意すること

家のローンを組む

初期費用を安くして借りる

今の日本は人口減少社会です。そうなると困るのが、賃貸物件を所有している大家さん達です。人が減っている訳ですから、必然的に新しく部屋を借りようとする人も減っていくるというわけです。賃貸物件をただ所有しているだけだと固定資産税もかかりますし、収入も入ってこなくなるわけです。その対策として、礼金や敷金が通常であれば家賃の1か月や2ヶ月程度初期費用としてかかるのですが、敷金0礼金0といった賃貸物件も増えているのです。部屋を借りる時には、ある程度お金が必要ですから一括で払わなければならないので、お金が足りなくて部屋を借りることができない方もいます。そういった方でも借りやすいようにして空室を作らないようにする物件もあるのです。

敷0礼0物件の注意点

賃貸物件を探しているときに、たまに敷金0ヶ月礼金0ヶ月といった物件を見かけます。初期費用がかからずに部屋を借りることができますので、お金のない若い方などが借りやすいです。一部の物件ですが、駅から遠かったり築年数がだいぶたっている物件などに多いです。しかし、このような初期費用の安い物件を借りる時に注意しなければならないことは、敷金や礼金を契約時にとらない代わりにその分が家賃い組み込まれていて毎月の家賃が高くなっているケースや退去時の原状回復費用で請求されてしまうということです。安く借りれるからメリットしかないというのではなく、なぜ安くなっているのかを契約前によく契約書の契約内容を確認しておくことが必要となります。